上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前に言っていたスプリームルーラー2020のユニットデータ解読ができますた。

英語版ウィキにある6.6.2版のやつの解析データですが、ほぼ同じでしたのでグーグル翻訳片手に。

まだ位置にミスがあったりしますのでそのうち翻訳したデータや自分が追加したチート兵器などがあるユニットデータをうpしたいと思ってます。

念願の大和型がついに(ry
スポンサーサイト
そういえば、りどみとか作るの面倒だったので呉爾羅以降、作っていないのですが、実はちゃんと自キャラにはそれなりの設定とかを用意して作っております。

物語に組み込んでないのはポケモンの2体だけですなー。(最後の作品するレシラムもですが)

なんだかうちのメガリスRが使われそうなので参考程度にでも。


なぜ【メガリス】を名乗っている?
演出は完全に劣化とか言われても言い返せない出来上がりですが(色々経験不足なのが痛い(´・ω・`)
なぜかと言いますと、Lates氏製作のメガリス(と私がダメ改変したメガリスA)のを成す存在として構想したためです。
これには私なりのLates氏製作の【ザトラツェニェ】と【アズール】へのキャラクタライズが影響していたりします。

ちなみに自分は本来、メガリスRは黒いエフェクトにしたかったのですが、反転した際にワインレッドになる色がわからなかったので断念しました。(最近になって緑付近が反転すると赤系統の色になると分かってようやくザトラツェニェの淡緑のエフェクトの意義が判明した次第で(
あと、本来は敵に肉薄するタイプのキャラにする予定でしたがこちらも作っているうちに・・・・。

と、話がそれたので元に戻します。

Lates氏が打ち出したこの2つのキャラは相対的な戦い方をするキャラです。
そして色合いもアズールはその名のごとく蒼メイン。それがメガリスのエフェクトとよく似ています。
もしかしたら、メガリスとはザトラツェニェとアズールが融合した際の姿ではないか?と勝手ながら考えるようになりまして、本来の、Lates氏のメガリスがアズールを中心とする存在という妄想が生まれ、やがて【本来成し得なかった存在】としてザトラツェニェを中心とするメガリスがあっても可笑しくはない、と考える至ったのです。
いわゆる、IF もしも 仮定 並行世界への分岐という奴です。
そしてちょうど良く、エースコンバット04から由来にしたAguns_Deiともう一つ、レクイエムが用意されていた【RexTremendae(恐ろしき王の御稜威)】の名前を頂戴した訳です。

製作した結果はどうでもいいキャラの量産に過ぎなかった訳ですが。

Lates氏には色々申し訳ないです(´・ω・`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。